動画で解説:CPU例外の発生原因を確認するための具体的な手順 (Armv7-A 環境編)

2020/06/25 10:00:00

イーソルのラーニング動画コンテンツ「eSOL Learning Video Clips」より、すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック③ ポイント詳説、CPU例外の発生原因を確認するための具体的な手順 (Armv7-A 環境編)についてご紹介します。

組込みシステムの開発では、プログラムの問題により、しばしばCPU例外が発生します。
このようなケースで、なぜCPU例外が発生しているか、確認する方法をご存知ですか?

この動画では、Armv7-A アーキテクチャ環境でデータアボート例外が発生した場合を例にとり、CPU例外発生原因の確認方法を解説しています。
Armアーキテクチャで定義されている7つのCPU例外についての概要説明から、原因を特定するため具体的な手順までを開発画面をお見せしながら詳しくお伝えします。

Read More

組込みシステムへのハイパーバイザ導入時の課題に対する解を紹介【Webinar:6/30(火)まで公開】

2020/06/19 8:48:53



組込み分野で注目度が高まっている「仮想化技術」をテーマとしたウェビナーを、6/30(火)までオンデマンドにて限定公開中です。

近年、自動車分野では自動運転車やコネクテッドカー、産業分野ではスマートファクトリーへの対応や産業用ロボットの自律制御などをはじめとして、システムに求められる要件が複雑化、大規模化しています。従来リアルタイム性が重視されてきた分野においても他システムとの協調動作やシステムの統合がこれまで以上に重要になり、多種多様な機能を持ったエッジコンピューティングを実現するためにハイパーバイザなどの仮想化技術が組込み開発において注目されています。

本ウェビナーは、第一部に仮想化技術と組込みシステムにハイパーバイザを導入する際の課題や問題などについて解説します。第二部では、第一部で挙げた課題や問題に対する解をイーソルのリアルタイムOS「eMCOS POSIX」をベースとしたeMCOS Hypervisorを軸に解説します。実際に導入するイメージつかみやすいよう、デモもご紹介します。

下記の方におすすめです。ぜひお申し込みください。

・組込み開発における仮想化技術について知識を習得したい方
・組込みシステムへハイパーバイザの導入を検討している方
お申し込みはこちら

公開期間 6月30日(火)17:00 まで
参加料 参加料無料(事前登録制)
視聴所要時間 約50分
お申し込み お申し込みはこちら

※本ウェビナーは1/30(木)開催「仮想化機能、時間/空間分離機能で実現する、RTOSとLinux統合セミナー」と一部内容が重複します。あらかじめご了承ください。


マーケティング室   A.S

Read More

動画で解説:[リモートワークを支援]シミュレータを使った、PCのみで組込み開発を行う手法

2020/06/17 10:00:00

イーソルのラーニング動画コンテンツ「eSOL Learning Video Clips」より、パソコン一つで、どこでも組込み開発が可能!- シミュレーション環境でのアプリケーション開発手法 -についてご紹介します。

組込みソフトウェア開発における課題のひとつとして、開発にターゲットとなるハードウェアが必要という点があります。昨今では、リモートワークが一般的に行われるようになりましたが、この課題が原因でリモートワークが行えない場合も多くあります。
この動画では、シミュレータを使った、PCのみで組込みソフトウェア開発を行う手法をイーソル製品を使ってご紹介します。
開発に必要な機材の関係でリモートワークの実施が難しい、といった課題をお持ちの方に特にご覧いただきたい動画です。

Read More

動画で解説:意外と知らない「優先度逆転現象」、発生を防ぐ方法とは?

2020/06/10 9:38:47

イーソルのラーニング動画コンテンツ「eSOL Learning Video Clips」より、すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック② 意外と知らない、優先度逆転現象についてご紹介します。

リアルタイムOSを使用して開発をしている方は、優先度逆転現象という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
この現象を知らずに実装していると、パフォーマンスの低下やデッドロックなどの問題を引き起こす可能性があります。

本動画では、意外と知られていないこの現象について、例を交えて解説し、優先度逆転現象を防ぐリアルタイムOSの仕組みについてもご紹介します。

Read More

機能安全対応モデルベース開発をより効率的に実現する方法とは?【Webinar:6/12(金)まで公開】

2020/06/05 9:47:06



モデルベース開発をテーマとしたウェビナーを、6/12(金)までオンデマンドにて限定公開中です。

自動車や産業機器開発は、肥大化するソフトウェアのアーキテクチャの見直しや機能安全対応に多くの工数が必要となってきています。本ウェビナーでは、Ansys社のSCADEファミリーを利用し、機能安全に対応したモデルベース開発をより効率的に実現できる方法をご紹介します。

Ansys SCADEの最大の特長は機能安全対応コードを生成できることです。しかし、Ansys SCADEだけで機能安全対応のモデルベース開発を実現するには新規開発作業が膨大になってしまうため、効率的な開発を実現するために既存資産を有効利用することが重要です。



Ansys SCADEで既存のSimulinkで作成したモデルを有効活用し、かつ機能安全対応を実現するポイントをユースケースを交えて解説します。さらに、実際に導入した際のイメージがつかみやすいようデモも実演します。

ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

公開期間 6月12日(金)17:00 まで
参加料 参加料無料(事前登録制)
対象者 機能安全対応が必要なモデルベース開発に従事されている方
視聴所要時間 約40分
お申し込み お申し込みはこちら

 

マーケティング室   A.S

Read More

動画で解説:プログラムカウンタを操作する機能を活用して、日々のデバッグを効率化

2020/06/03 10:13:31

イーソルのラーニング動画コンテンツ「eSOL Learning Video Clips」より、すぐに役立つ!ベテラン組込みエンジニアが教える実践テクニック① デバッグを効率化!プログラムカウンタの操作についてご紹介します。

プログラムカウンタを操作する機能をご存知ですか?
多くのデバッガでサポートされていますが、意外と活用されていない機能です。
本動画では、この機能を活用して、日々のデバッグを効率化する方法についてご紹介しています。
機能の概要について説明したのち、実際にデバッグを行い、デバッガの画面をお見せしながら具体的な方法を解説していきます。

Read More

Withコロナ・Afterコロナ時代におけるエンジニアリングサービスに対応

2020/06/01 17:27:18

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、組込みソフトウェア開発でのエンジニアリングサービスもWithコロナ・Afterコロナ時代への対応が求められています。

イーソルでは、機密性の高い案件も含めて、リモート(開発基板などの機材と人が離れた環境)でもセキュリティを担保した上で従来の生産性を損なうことなくWithコロナ・Afterコロナの時代に対応したエンジニアリングサービスをご提供します。

Read More

富士通ハンディターミナル「Patio600」と携帯プリンタ「PatioPrinter」をアプリケーション開発ツール「Emusenシリーズ」がサポート

2020/05/28 10:16:15

イーソルが提供するアプリケーション開発ツール「Emusenシリーズ」が、富士通ハンディターミナル「Patio600」と携帯プリンタ「PatioPrinter」をサポートしました。

Read More

すぐに役立つ組込み開発の実践テクニックなどを紹介:eSOL Learning Video Clips

2020/05/22 11:00:00



イーソルのホームページにて、新たなコンテンツ「eSOL Learning Video Clips」を公開しました。
すぐに役立つ組込み開発の実践テクニックなど、ベテランエンジニアが送る組込みソフトウェア開発に関連するラーニング動画をご視聴いただけます。

Read More

イーソルの機能安全対応RTOSが、STマイクロエレクトロニクス社製「Telemaco3P」プロセッサおよびテキサス・インスツルメンツ社「Sitara」ファミリプロセッサをサポート

2020/05/21 10:30:00

機能安全規格 ISO 26262 ASIL D / IEC 61508 SIL 4認証実績を有するイーソルのTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel™」

Read More