富士通ハンディターミナル「Patio600」と携帯プリンタ「PatioPrinter」をアプリケーション開発ツール「Emusenシリーズ」がサポート

2020/05/28 10:16:15

イーソルが提供するアプリケーション開発ツール「Emusenシリーズ」が、富士通ハンディターミナル「Patio600」と携帯プリンタ「PatioPrinter」をサポートしました。

Read More

すぐに役立つ組込み開発の実践テクニックなどを紹介:eSOL Learning Video Clips

2020/05/22 11:00:00



イーソルのホームページにて、新たなコンテンツ「eSOL Learning Video Clips」を公開しました。
すぐに役立つ組込み開発の実践テクニックなど、ベテランエンジニアが送る組込みソフトウェア開発に関連するラーニング動画をご視聴いただけます。

Read More

イーソルの機能安全対応RTOSが、STマイクロエレクトロニクス社製「Telemaco3P」プロセッサおよびテキサス・インスツルメンツ社「Sitara」ファミリプロセッサをサポート

2020/05/21 10:30:00

機能安全規格 ISO 26262 ASIL D / IEC 61508 SIL 4認証実績を有するイーソルのTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel™」

Read More

リアルタイムOSとLinuxの共存による高信頼性・高機能の両立

2020/05/12 10:40:12

1つのSoC上において、リアルタイム性を確保しながら最新のグラフィック・ネットワーク機能を実現させたいと言う要求を多くのお客様からいただきます。これを実現するアプローチとして、イーソルはリアルタイムOSとLinuxを安全に共存させるソリューションを提供しています。

リアルタイムOSとLinuxの共存により、両者のメリットを活かしたシステム構築が可能になります。リアルタイム性や安全性が求められる処理をリアルタイムOS側で確実に実行しつつ、Linuxのリッチなライブラリを活用し、両者を連携しながら安全に分離した高信頼システムの構築を実現できます。



■特長
Linux側からの空間的・時間的浸食がリアルタイムOS側に及ばないようにソフトウェアパーティショニングが施され、その上で必要最低限のOS間通信を行うセーフティなコンセプトに基づいて実装


詳細・関連資料のダウンロードはこちら

マーケティング室   A.S

Read More

eMCOSのマルチカーネルアーキテクチャによりLinuxの30倍のパフォーマンスを発揮

2020/05/07 16:22:46

LinuxとeMCOS® POSIXで同じベンチマークアプリケーションを実行し、パフォーマンス比較を行った結果を動画にて紹介

Read More

サイバーセキュリティ対応 脅威分析ツール提供開始〔イーソルトリニティ〕

2020/04/23 13:58:10

近年、さまざまな分野でIoTの導入が進んでいますが、これに伴いサイバーセキュリティ
への脅威が懸念されています。自動車業界では、コネクテッドカーや自動運転車においてのサイバーセキュリティ対策が急務となっています。

2020年1月、車両サイバーセキュリティに関する国際標準規格として「ISO/SAE DIS 21434」が発行されました。車両のライフサイクル全体を通じてサイバーセキュリティ活動に関するプロセスを定義することを目的としており、対応へのニーズが高まっています。

イーソルトリニティは、ISO/SAE 21434の対応に必要となる脅威分析などの作業を効率的に実施できるツール「Ansys medini analyze for Cybersecurity〔Ansys Germany GmbH社製〕」の提供を開始しました。
本ツールを用いることにより、脅威分析を一括で実施可能となり、セキュリティ対策における効率化に大きく貢献します。分析手法は、Attack TreesやTARA(Threat Analysis and Risk Assessment)が採用されています。

本ツールとあわせてコンサルティングサービスも提供しており、車載開発におけるサイバーセキュリティ対応をトータルでサポートいたします。



詳細・お問い合わせはこちら〔イーソルトリニティWebサイト〕

🔗 [ニュースレター] 【取扱製品情報】ISO/SAE 21434対応に必要なCyber Securityの脅威分析を効率的に行えるAnsys medini analyze for Cybersecurityの提供を開始〔イーソルトリニティ〕

マーケティング室   A.S

Read More

ミックスド・クリティカルシステムを安全にサポートするeMCOS® Hypervisor

2020/04/21 14:43:59

システム規模の拡大や複雑化する自動車、産業機器、医療機器において求められる、高度に統合化されたミックスド・クリティカルなアプリケーション開発を支援するeMCOS Hypervisorをリリース

Read More

【無料体験ウェビナー】Arm社認定アーキテクチャトレーニング:キャッシュ制御の要点などを解説

2020/04/16 13:18:24



本日より、「Arm社認定Armアーキテクチャトレーニング【無料体験ウェビナー】」のオンデマンド限定配信を開始しました。

イーソルは、Arm社認定のArmアーキテクチャトレーニングをソフトウェアエンジニア向けに提供しており、受講者より高い評価・満足度を得ています。
本トレーニングを受講することで、独学では習得に時間がかかるArmの知識を短時間で効率的に得ることができ、Armシステム上でのスムーズなソフトウェア開発や、将来の失敗コストの削減を実現できます。
今回、より多くのソフトウェア技術者の方に本トレーニングの良さを実感していただくために、無料体験ウェビナーの開催を決定しました

本ウェビナーでは、実際のトレーニングからArmv7-A, Armv8-Aのキャッシュ制御に関する講義をピックアップして解説します。

また、下記のような演習問題も紹介します。

問:
L1キャッシュとL2キャッシュを持ったシステムでキャッシュ操作を行う場合、
L1キャッシュとL2キャッシュのどちらから操作を行うべきか?

 




こちらの解答はウェビナーにて詳しく解説しております。
上記の解答が気になる方や、Armアーキテクチャトレーニングにご興味のある方はこの機会にぜひお申し込みください。

公開期間 4月30日(木)17:00 まで
参加料 参加料無料(事前登録制)
対象者 Armv7-A, Armv8-A の開発を行うソフトウェアエンジニア
視聴所要時間 約40分
詳細・お申し込み

https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_199.html

 

Read More

キーエンス社製ハンディターミナル「BT-A700」をハンディターミナル用アプリケーション開発ツール「Emusen」がサポート

2020/04/15 9:12:15

イーソルが提供する無線LAN搭載ハンディターミナル用エミュレータ開発支援ツール「eSOL Emusen」が、キーエンス社の開発したロングレンジハンディターミナル「BT-A700」をサポートしました。

Read More

GPUなしでフルスピードのYolo v3 CNNを実行可能なメニーコアソリューション 【動画公開】

2020/04/08 9:03:34

Kalray社の第3世代MPPA® Coolidge™メニーコアプロセッサとイーソルのスケーラブルRTOSで実現するディープラーニング向けスケーラブルソリューションの動画を公開

Read More