IoTを活用、物流・ロジスティックスで現場業務の効率化

2020/02/17 13:38:45

物流・ロジスティックスの業界で、よく耳にする言葉として業務の改善・効率化があります。

本日は、業務の改善・効率化について倉庫・配送業務を担う弊社ソリューションの一部をご紹介します。

今回ご紹介するのは、

①フォークリフト業務を担うソリューション

②在庫の管理・発注業務を担うハンディターミナル

③稼働中のタンク内資材を監視するソリューション

の3つです。

①フォークリフト業務を担うソリューションですが、これまでフォークリフトの業務で行われてきたアナログのペーパーや無線での確認を、タブレットを活用し正確さと即時性を提供するものです。フォークリフトへのタブレットの取り付けは、メリットは感じつつも、耐久性やコストなど様々なハードルもあるのが事実です。それらを解決したソリューショとして、フォークリフト周辺機器のご紹介です。

▶フォークリフト製品詳細ページはこちらから

②在庫の管理・発注業務を担うハンディターミナル、こちらの特徴は、耐環境性能です。これまでの積み上げた実績により、-30℃~+50℃環境下での動作を実現、グローブを装着したままでも操作可能なマルチタッチパネルなど、現場の作業を支援する製品です。

▶ハンディターミナル製品詳細ページはこちらから

③稼働中のタンク内資材の監視するソリューションですが、タンクといっても大小・内容物など多種多様な種類があります。その様々なタンクの残量を計測し、クラウドで管理するソリューションのご紹介です。これまで、タンクの残量の確認といえば人的作業に頼る部分がありました。そこには、無駄はもちろん、危険が伴うものもありました。それをクラウドでデータ管理をすることで、受発注や配送、そして安全な業務を実現することを提案しています。

▶IoTタンク残量管理ソリューション製品詳細ページはこちらから

  ②   ③

【国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO- への出展】
 

2/19(水)から2/21(金)まで開催される「国際物流総合展2020 - INNOVATION EXPO -  」(東京ビッグサイト 西ホール 『ブースNo. 2T-24』) にイーソルは出展します。展示会場では、これらのソリューションをデモ展示します。

詳細についてや、不明点などのご質問は弊社説明員がお答えしますので、ぜひブースまでお立ち寄りください。

▶ 展示内容のご紹介はこちら

 

マーケティング室 Y.Y

Read More

「オートモーティブワールド展示 AUBIST SOME/IP」がMONOistで紹介されました。

2020/02/03 13:41:50

1月27日にMONOistにて「車載ソフト開発で注目集めるSOME/IP、オーバスがAUTOSARのAPとCPをつなぐ」の記事が掲載されました。

記事には、先日行われた「オートモーティブワールド2020」に展示したオーバス製品「AUBIST SOME/IP(サービス指向通信)」の他、「AUBIST AP Tools」や「AUBIST Hypervisor for MCU」について取り上げられています。

掲載内容は下記よりご覧になれます。

▶ 掲載記事はこちら

【AUBIST SOME/IP 展示デモ風景】

マーケティング室 Y.Y

Read More

名古屋大学とeSOLが開発したeMBPの画期的な方法論

2020/01/28 15:40:02

今日における技術進歩のペースはますます加速し、インテリジェントシステムはより大規模化および複雑化しています。例えばクルマに見られるようなこれらのインテリジェントシステムは、大規模な計算とリアルタイム処理を容易にする、人工知能(AI)および制御モジュールを組み合わせた複雑な構造を持っています。これらのインテリジェントシステムへの理解をより深めるために、日本の研究者は産学連携で、コードを生成しアプリケーションに適用させる方法を変える可能性のある、画期的なメソドロジを開発しました。イーソルのCTOで、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所 招聘研究員である権藤 正樹が、名古屋大学の枝廣 正人教授とともに、Science Impact社が発行するImpact Magazineの最新号に研究成果を掲載しています。本研究では、モデルベース並列化ツール「eMBP(Model Based Parallelizer)」プロジェクトでの実り多いコラボレーションについて議論され、マルチ・メニーコアシステム向けに並列化コードを自動生成するツールが開発されます。

Read More

第12回オートモーティブワールド(1/15-17)で展示した内容と資料を公開

2020/01/21 10:32:42

「第12回オートモーティブワールド[国際]カーエレクトロニクス技術展」3日間の展示会が終了しました。この度、ブースまでご来場いただきました皆様には改めてお礼申し上げます。
初日は少し雨の降る気温の低い日でしたが、2日目、3日目と天候に恵まれ、無事3日間の展示会を終えることができました。

     

イーソルは、車載システムの効率的な開発を包括的に支援するツールとして車載向けソフトウェア検証ツール「RVS」や、ソフトウェアやハードウェア環境の効率的な移行や再利用を実現するツール「PiNTeam ソリューション」をデモ展示し、ブース内でのプレゼンテーションを実施しました。その際の展示やプレゼン資料を掲載しています。下記よりご確認いただけます。

▼ 第12回オートモティブワールド資料ダウンロードはこちら ▼

マーケティング室 Y.Y

Read More

車載ソフトウェアの開発スピードを向上するソリューション

2020/01/15 10:00:00

AUTOSARに対応したソフトウェア/ハードウェア再利用効率化ツールを
活用したソリューション

Read More

【1月15日より開催】第12回オートモーティブワールドに出展!

2020/01/14 12:42:57

1/15(水)から17日(金)の3日間で開催される「第12回オートモーティブワールド[国際]カーエレクトロ技術展」に出展します!

本展示会は、モビリティの進化を支えるソフトウェア、半導体・電子部材、テスティング技術などが一堂に会する世界最大の専門展です。

昨年に引き続き、今年も株式会社オーバス(以下、オーバス)のブースに共同展示する形で、イーソルは、車載システムの効率的な開発を包括的に支援するツールとして車載向けソフトウェア検証ツール「RVS」や、ソフトウェアやハードウェア環境の効率的な移行や再利用を実現するツールをデモを交えて紹介します。

また、1月17日(金)にはオーバスによる出展社、製品・技術セミナーを「AUTOSAR仕様準拠-AUBIST:仮想化機能で実現するECU統合とその課題」のタイトルで実施します。
【講演時間:17日(金) 12:20~13:20 (集客規模-50名セミナースペース-)】

会場は、[東京ビッグサイト 青海展示棟]で、新しくできた展示会場です。
最寄り駅は、ゆりかもめ「青海駅」もしくは、りんかい線「東京テレポート駅」、
お間違えのないようにご来場ください。

社員一同、心よりお待ちしております!

マーケティング室 Y.Y

Read More

ソフトウェアの性能解析の容易な実現と、より品質の高いソフトウェア開発の実現

2019/12/19 14:00:09

組込みシステムのさらなる高機能化、高性能化の要求を実現するためにマルチコアの導入が進んでいますが、複雑なマルチコア環境でソフトウェア性能を最適化することは非常に難易度が高いです。以下が主な原因とされています。

・コア間の干渉や共有リソースの競合
・予測が困難なハードウェア仕様、想定外のハードウェア動作  など・・・

リアルタイム性が求められる組込みシステムにおいては、最悪実行時間(WCET:Worst-case execution time)の解析は重要です。しかし、上記の影響によりマルチコア環境での正確なWCETの算出は、大変困難になっています。

これらの課題を解決するため、イーソルトリニティはソフトウェア検証ソリューションを提供しています。ソフトウェア検証ツール「RVS(Rapita Verification Suite)」とエンジニアリングサービスにより、ソフトウェア単体テストからシステムテストまでサポートし、検証作業の効率化と品質向上を支援いたします。

RVSにより、WCET解析の測定や複雑なマルチコア解析の効率化が可能となり、ソフトウエアの性能解析の容易な実現と、より品質の高いソフトウェア開発の実現をできます。

ソフトウェア検証ソリューション



「RVS(Rapita Verification Suite)」は、英国Rapita Systems社が開発した信頼性の高いソフトウェア検証ツールです。従来では困難とされたマルチコアターゲットでのシステム開発において高精度かつ高速な解析機能を提供することが可能です。


RVSのWebページより、リーフレットなどの各種資料のダウンロードや関連動画をご視聴いただけます。また、イーソルトリニティが講演とデモ展示で参加した「第7回 自動車機能安全カンファレンス」の講演資料のDLのご案内もしています。ぜひご覧ください。

RVSのWebページはこちら

また、ソフトウェア検証ソリューションについて、さらに詳しい説明が聞きたい、デモを見たい、などのご要望がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


マーケティング室 四童子

Read More

【抽選でAmazonクーポン券プレゼント】イーソル ホームページのご利用満足度アンケートを実施中!

2019/12/16 10:00:00

現在、イーソルのホームページをよりご利用いただき易く改善することを目的として、イーソル ホームページ ご利用満足度アンケートを実施しております。

全15問で、回答の所要時間は約5分です。
また、ご回答頂いた方の中から抽選で100名の方にAmazonの500円分クーポン券をプレゼントいたします。

アンケートの回答期限は《 1月17日(金)17:00 》です。ぜひご協力をお願いします。

Click me

イーソルのホームページについて、使いづらいと感じている点がありましたら、ぜひご記入ください。
頂いたご意見を参考に、出来る限り改善したいと考えています。

また、もし「こういうところが良い」という点があれば、そちらもぜひお知らせください。
マーケティング室で喜びを分かち合い、良い点をさらに伸ばせるよう努めて参ります。

ぜひ、こちらから率直なご意見・ご要望をお寄せください。

Read More

Hypervisorを活用したイーソルの安全な仮想化技術

2019/12/09 9:30:29

リアルタイムシステムとLinux/Androidシステムの安全な統合を実現

Read More

エッジデバイス向け仮想化ソリューションの最適解を解説!〔Arm Tech Symposia 2019 Japan〕

2019/11/27 11:00:00



イーソルは12月6日(金)に開催されるArm Tech Symposia 2019 Japanに出展します!

今回、イーソルは最適解が見つかる!エッジデバイス向け仮想化ソリューション」と題して講演します。デジタルトランスフォーメーション(DX)の技術課題から、エッジコンピューティングの必要性、最適な仮想化技術についてを詳しく解説しますので、ご興味のある方はぜひご聴講ください!

また、展示スペースでは講演の中でご紹介する仮想化機能を実装したリアルタイムOS「eMCOS Hypervisor」について、デモを交えてご紹介します!
さらに同ブースにて、Arm社提供の仮想環境のデモ展示も行い、組込みシステム開発の効率化を実現する方法をご紹介します。こちらは今回の出展に合わせ新たなフライヤーをご用意しました。
イーソルの展示スペースがある5Fの展示エリアでは、コーヒーブレイクやランチタイムで軽食やお飲み物のご用意があるとのことです☕
講演の合間のお時間に、ぜひゆっくり展示をご覧いただければと思います!
展示会場MAPなど、詳細はこちらから


マーケティング室S.Aからの 耳より情報
< Information①>
会場にてアンケートに答えると、来場記念品として「2020年度 Armオリジナル手帳」をもらえるそうです!ぜひGETしたいですね:)
※ちなみに、イーソルの講演のご聴講いただき、アンケートに答えて頂いた方にもイーソルよりノベルティをお渡しいたします

< Information②>

17:40~19:00の懇親会では、お飲み物、お食事のご用意のほか豪華景品の抽選会が行われるそうです♪
懇親会の時間にも展示は引き続き行いますので、ぜひこちらもご参加いただき、イーソルブースにお立ち寄り頂ければと思います🎀

各情報の詳細も、こちらからご確認頂けます!



ご参加には無料の事前登録が必要です。
開催が来週末に迫っておりますので、ぜひお早めにお申し込みください!

詳細・事前登録はこちら

余談ですが、自分は本イベントに初めて参加します!
基調講演はじめ興味深いトピックがたくさんあるので、楽しみです😊✨

Read More