eSOL Marketing Official Blog

【アーカイブ公開】ウェビナー:RISC-Vを利用した効率的なカスタムSoC開発を実現

2021/03/09 10:00:00

RISC-Vを利用した開発をテーマとしたウェビナーを新たにアーカイブページにて公開しました。

オープンソースのCPUアーキテクチャであるRISC-Vを採用しているマイコンが増えてきており、カスタムSoC開発ではRISC-Vアーキテクチャを利用した開発がスタンダードになりつつあります。

イーソルトリニティは、RISC-V Foundationに参加しているImperas社の製品販売とサポートに加え、RISC-Vを利用した開発で必要となる検証作業を中心としたエンジニアリングサービスを提供しています。Imperas社製RISC-V開発環境は、仮想プラットフォームに加えRISC-Vリファレンスモデル、コンプライアンステストケースなどが含まれます。RISC-V Foundationのゴールデンモデルとして利用されており、信頼性の高い設計検証ツールです。

Imperas社製RISC-V開発環境は、デンソー社のグループ会社であり半導体IP開発および販売を行うNSITEXE社のRISC-Vをベースとした次世代自動車向けプロセッサ開発にて採用された実績があります。

RISC-Vの採用を検討している方やRISC-Vを利用した開発業務に携わっている方におすすめのウェビナーです。下記よりお申し込みいただけます。


Imperasウェビナー(イーソルトリニティ)

その他、イーソルトリニティのウェビナーは下記のアーカイブページよりご視聴いただけます。

イーソルトリニティ:オンデマンドウェビナー視聴

マーケティング室 A.S