eSOL Marketing Official Blog

機能安全対応モデルベース開発をより効率的に実現

2020/12/03 16:09:01

近年の組込みシステム開発は、ソフトウェア規模の増大化や納期の短縮化といった背景から開発効率化への要求が強くモデルベース開発へのニーズが大きくなってきています。車載システム開発では一般的となっていますが、産業機器や医療機器開発など他分野への導入も進んでいます。

自動車、産業、医療機器などのミッションクリティカルシステムのソフトウェア開発では、信頼性や安全性を確保するため機能安全規格への対応が求められますが、モデルベース開発の中で機能安全対応を実施するためにはモデルやコード上での機能安全対応の検証が必要です。

イーソルトリニティは、自動車/産業機械/医療などの機能安全規格の認証に対応したコードジェネレータを含むモデルベース開発ツール「Ansys SCADE Suite」を提供しています。Ansys SCADE Suiteはモデルとコードの同一性が保証されているため back to backテスト(モデルとコードの同一性確認)が不要であり、既存のSimulinkで作成したモデルのインポートも可能です。

機能安全に対応したモデルベース開発をより効率的に実現できる方法を下記のオンデマンドウェビナーで解説しています。既存のSimulinkで作成したモデルを有効活用し、かつ機能安全対応を実現する開発効率化のポイントを、実際に導入した際のイメージがつかみやすいようデモを交えて紹介します。

img_SCADE_on-demand_webinar_blog

 
マーケティング室 A.S