eSOL Marketing Official Blog

ウェビナー公開中:ソフトウェア性能解析で重要な最悪実行時間の測定・算出方法を具体例を交えて解説

2020/08/21 12:24:16

banner_webinar_rvs_200820
ソフトウェアの大規模化や高性能なプラットフォームが必要となってきている組込み開発では、ソフトウェアの性能に起因する不具合も増えてきています。特に、リアルタイム性が求められる組込みシステムにおいては、最悪実行時間(WCET:Worst-case execution time)の解析は重要です。しかし、ソフトウェア性能やタイミングに起因する問題は特定と解析が難しく、マルチコアを採用する場合は特に難易度が高くなります。
ソフトウェア検証ツール「RVS(Rapita Verification Suite)」を利用することにより、WCET解析の測定や複雑なマルチコア解析の効率化が可能です。ソフトウエアの性能解析の容易な実現と、より品質の高いソフトウェア開発の実現できます。

現在公開中のウェビナー「Rapita Verification Suiteを利用したソフトウェアの最悪実行時間の見える化」では、ソフトウェア性能測定と改善ポイントを把握するための手法をご紹介します。また、新たにリリースしたマイコンのトレース情報を利用した「RVS ZERO」のデモも実演します。ソースコードを変更することなくタイミング動作を計測可能であり、量産ソフトウェアの問題点などを迅速に解決できます。

無料でご覧いただけます。ぜひご視聴ください。

公開期間 9/4(金)17:00まで
参加料 無料
視聴所要時間 約45分
お申し込み https://www.esol-trinity.co.jp/event/516/

 



 

 
マーケティング室 A.S