eSOL Marketing Official Blog

車載システム開発におけるソフトウェアの効率的な再利用と品質向上を実現

2021/01/12 11:47:12

車載システム開発では、日本・東アジア・ヨーロッパなど地域によってクルマに対する要求や道路環境、法規などが異なるため、仕向地に合わせた仕様のソフトウェア開発が必要です。これにより、多種多様で複雑な作業が発生し開発・テスト・管理工数が増大しています。

この課題を解決するため、イーソルトリニティはAUTOSAR対応ソフトウェア再利用効率化ツール「KYOTO Suite(PiNTeam社製)」を提供しています。KYOTO Suiteを利用することにより、ソフトウェアモジュールを他プロジェクトで再利用することが可能となり、プロジェクトのニーズに合わせたモジュールパッケージの作成が容易になります。車載ソフトウェア再利用に係る作業効率の改善と品質向上が実現できます。

KYOTO Suiteを利用し、車載システム開発における仕向けやソフトウェア再利用をより効率的に管理する方法を下記のオンデマンドウェビナーで解説しています。実際に導入した際のイメージがつかみやすいよう、設計イメージやワークフローを交えて紹介します。

PiNTeamオンデマンドウェビナー(イーソルトリニティ)

マーケティング室 A.S