eSOL Marketing Official Blog

ウェビナー公開中:機能安全分析(Fusa)と脅威分析(CS)を効率的に行う手法

2020/08/04 18:05:40

analayze_banner_2


車載ソフトウェア開発においては、2018年に第2版が発行された「ISO 26262」、2020年1月発行の「ISO/SAE DIS 21434」などの法規制により機能安全分析(Fusa)と脅威分析(CS)の対応がより一層求められている状況です。しかし、実現するにあたり下記のような課題を持つ開発現場も少なくありません。

機能安全分析(Fusa)対応への課題
・FuSa有識者任せで現場に浸透していない
・Office製品等を工夫して安全分析を実施
・エビデンスのトレーサビリティ確保に苦労
・管理手法が定着していない

脅威分析(CS)対応への課題
・どのように進めるべきかわからない
・規格(ISO 21434)はまだドラフトのため、何をお手本にすれば良いかわからない
・管理手法が定着していない

これらの課題に対し、機能安全/Cyber Security対応脅威分析ツール「Ansys medini analyze」は、最新の規格をサポートしており、機能安全分析を一括で行うことができます。また、アドオンにより、Cyber Security分析機能を使用してISO/SAE 21434対応に必要となる脅威分析などの作業を効率的に実施できます。

現在公開中のウェビナー『機能安全分析(FuSa)/脅威分析(CS)を「Ansys medini analyze」で効率的に行う手法』では、
「Ansys medini analyze」を利用し、ソフトウェア開発において効率的に機能安全分析および脅威分析を行う方法を、デモを交えて解説しています。

無料でご覧いただけます。ぜひご視聴ください。

公開期間 8/14(金)17:00まで
参加料 無料
視聴所要時間 約30分
お申し込み https://www.esol-trinity.co.jp/event/509/

 



 

 
マーケティング室 S.A