eSOL Marketing Official Blog

車載EEシステム開発における最適なアーキテクチャ選択と開発効率化を実現

2020/09/10 13:26:37

自動車業界では、CASE(C:Connected, A:Autonomous/Automated, S:Shared, E:Electric)を実現する次世代自動車の開発に向けて技術革新が加速しています。自動運転システムで必須となる車載EEアーキテクチャは、完全自動運転の実用化に向け、刷新への取り組みが進んでいます。

車載EEシステム開発においては、ソフトウェア、ECUハードウェアおよびネットワークシステムで構築されるアーキテクチャの良し悪しが、車の性能・機能およびコストに大きな影響を与えます。このようなアーキテクチャの最適化は、開発プロセスの上流で行う必要がありますが、通常その時点ではハードウェア、ソフトウェアおよびネットワーク構成等の詳細仕様は決まっていないのが一般的です。従って、アーキテクチャの探索を行ったとしてもアーキテクチャが最適かどうかを検証することが難しく、課題となっています。

この課題を解決するため、イーソルトリニティはモデルによるアーキテクチャ探索支援ツール「VisualSim」(Mirabilis Design社製)の販売およびエンジニアリングサービスを提供しています。車載EEシステム開発における最適なアーキテクチャの選択と開発効率向上を支援します。

車載EEアーキテクチャの検討フェーズでVisualSimを用いてシミュレーションを実施することで、システム全体の大枠な処理性能や消費電力などの見積りを容易にかつ高精度で実現できます。これにより、初期段階で最適なアーキテクチャが選択可能になり、大きな手戻りを防ぐことができます。また、顧客およびサプライヤと実際にシミュレーション可能なモデルで仕様のやりとりが出来るため、双方の仕様の誤解を未然に
防ぐことができ、効率的な開発を実現できます。img_Mirabilis_blog_0910VisualSim製品のWebページは下記よりご覧いただけます。リーフレットのダウンロードや4週間の無償ライセンスの申し込みなど、ご案内しています。

VisualSimのWebページはこちら

マーケティング室 A.S