eSOL Marketing Official Blog

機能安全対応RTOS 採用事例:3Dデジタル マルチファンクション アラウンドビューモニタシステム

2020/10/21 13:29:12

イーソルの機能安全対応リアルタイムOS「eT-Kernel™」が、中国Suzhou INVO Automotive Electronics社の3Dデジタル マルチファンクション アラウンドビューモニタシステムに採用されました。

pic_INVO_3D-AVM4

eT-Kernelは、フットプリントが小さく優れたリアルタイム性能を持つリアルタイムOSです。機能安全規格 ISO 26262 ASIL D(自動車向け)および IEC 61508 SIL 4(産業機器向け)の認証実績を有しており、高品質、リアルタイム性および低レイテンシが要求される、自動車、FA、航空宇宙システムなどのアプリケーションで幅広く使用されています。

Suzhou INVO Automotive Electronics社はマシンビジョンを用いたドライバー運転支援システムを多く開発しており、主要なOEMメーカーの各種車両に採用されています。同社の3Dデジタル マルチファンクション アラウンドビューモニタシステムとイーソルのeT-Kernelの組み合わせにより、高い信頼性が求められるミッションクリティカルなシステムにおいて、システム起動時の低レイテンシと高い品質を実現しています。

 

【採用事例】Suzhou INVO Automotive Electronics Co., Ltd.様「3Dデジタル マルチファンクション アラウンドビューモニタシステム」

 

マーケティング室 R.I