eSOL Marketing Official Blog

リアルタイム性や安全性を確保しながら産業機器のIoT化とIndustry 4.0対応を実現

2020/11/12 10:55:48

FAロボットや産業用機器などの産業分野でIoTやIndustry 4.0対応が急速に進む中、産業オートメーション用のマシン間通信プロトコル「OPC UA」 (Open Platform Communication Unified Architecture) がますます注目されています。
OPC UAは、Industry 4.0において通信層のデファクトスタンダードとして位置づけされている国際標準規格です。ドイツやアメリカ等のIoTを推進している国では、すでに幅広く使われています。OPC UAは、異なるベンダの製品間や異なるOS間などにおいて相互運用が可能です。プラットフォーム非依存の環境で、セキュリティを確保しながら安全なデータ交換を実現できます。


blog_thumbnail_Industrial_IoT
システム全体をコントロールするOPC UA Serverは、PLCなどの制御機器に実装されます。従来、OPC UA Serverに搭載されるOSはLinuxやWindowsがメインですが、イーソルのリアルタイムOSプラットフォームを利用することで、制御システム側で多く使われているリアルタイムOSの環境をOPC UA Serverで実現することができます。これにより、産業分野で求められるリアルタイム性や安全性を確保しながら、新規および既存システムのIoT化、Industry 4.0対応を容易かつ迅速に進められます。

イーソルのリアルタイムOSは、OPC UAの導入を迅速かつ低コストで実現できる「OPC UA Toolkit」(アナザーウェア社製)に対応しています。イーソルは産業用ネットワークプロトコルを提供する各種ベンダとも連携し、産業機器のネットワーク化を支援します。

産業用ネットワークソリューションの詳細はこちら

IPF Japan 2020 Virtual (国際プラスチックフェア バーチャル)〔会期:11/18(水)~ 11/20(金)〕の出展社セミナーで、アナザーウェア社が講演を行います。当イベントに参加予定の方でOPC UA対応を検討されている方はぜひご参加ください。

講演概要

日程 11/18(水)14:00~14:30、11/19(木)15:00~15:30、
11/20(金)14:00~14:30
講演タイトル OPC UA・情報モデルから見る EUROMAPとTSN
~現状と動向・ソリューションのご案内~
詳細 https://www.ipfjapan.jp/2020/search/?id=622

 



 

 
マーケティング室 A.S