Hypervisorを活用したイーソルの安全な仮想化技術

2019/12/09 9:30:29

リアルタイムシステムとLinux/Androidシステムの安全な統合を実現
bnr_eMCOS_Hypervisor

近年のソフトウェア開発では
 📌システム規模の拡大および複雑化
 📌最新技術を駆使した短期間での開発
が求められていて、市場への製品投入期間の短縮に向け、OSS(オープンソースソフトウェア)が活用されています。

OSSは、豊富な資産やLinuxやAndroid上で動く豊富な資産があり、移植が容易というメリットがある一方、商用ソフトウェアとは異なり、品質や堅牢性の確保の観点で課題があります。

高品質・高信頼性や堅牢性、リアルタイム性が求められるシステムでは、
リアルタイムシステムとOSSを分離しつつ容易に移植できる
必要があります。

その最適解が、イーソルの eMCOS Hypervisor です!

eMCOS Hypervisorは、POSIX互換のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS POSIX」上に拡張機能として実現されている仮想化技術です。
最小限の変更で既存のLinuxやAndroidベースのOSSを活用でき、リアルタイムアプリケーションとはメモリ/時間分離された空間のゲストOS上で動作させるため、堅牢性🛡️を確保できます。

先週12/6(金)に開催されたArm Tech Symposia 2019 Japanでは
『最適解が見つかる!エッジデバイス向け仮想化ソリューション』
と題して講演し、展示スペースではeMCOS HypervisorのゲストOSとして動作するLinux上のアプリケーションとして、可愛い!?ムササビの動画やグラフィックを表示するデモを実演しました。

ArmTSJ2019_booth4ArmTSJ2019_booth4-1  ArmTSJ2019_booth2-1

講演資料をご希望の方は、ぜひ以下よりダウンロードしてください⭐

ArmTSJ2019_seminar2

マーケティング室 R.I