名古屋大学とeSOLが開発したeMBPの画期的な方法論

2020/01/28 15:40:02

今日における技術進歩のペースはますます加速し、インテリジェントシステムはより大規模化および複雑化しています。例えばクルマに見られるようなこれらのインテリジェントシステムは、大規模な計算とリアルタイム処理を容易にする、人工知能(AI)および制御モジュールを組み合わせた複雑な構造を持っています。これらのインテリジェントシステムへの理解をより深めるために、日本の研究者は産学連携で、コードを生成しアプリケーションに適用させる方法を変える可能性のある、画期的なメソドロジを開発しました。イーソルのCTOで、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所 招聘研究員である権藤 正樹が、名古屋大学の枝廣 正人教授とともに、Science Impact社が発行するImpact Magazineの最新号に研究成果を掲載しています。本研究では、モデルベース並列化ツール「eMBP(Model Based Parallelizer)」プロジェクトでの実り多いコラボレーションについて議論され、マルチ・メニーコアシステム向けに並列化コードを自動生成するツールが開発されます。

🔗 記事全文はこちらから

eMBP研究記事全文

 

マーケティング室 R.I