eSOL Marketing Official Blog

Armアーキテクチャトレーニング  無料体験ウェビナー公開中: キャッシュ制御の要点などを解説

2021/02/08 10:57:25

2020年4月に公開した「Arm社認定Armアーキテクチャトレーニング 無料体験ウェビナー」を、再度オンデマンドにて2/12(金)まで公開しています。

大変人気のウェビナーの為、再度限定公開しました。とても人気の高いウェビナーの為、是非この機会にお申込みください。

イーソルは、Arm社認定のArmアーキテクチャトレーニングをソフトウェアエンジニア向けに提供しており、受講者より高い評価・満足度を得ています。
本トレーニングを受講することで、独学では習得に時間がかかるArmの知識を短時間で効率的に得ることができ、Armシステム上でのスムーズなソフトウェア開発や、将来の失敗コストの削減を実現できます。

本ウェビナーでは、実際のトレーニングからArmv7-A, Armv8-Aのキャッシュ制御に関する講義をピックアップして解説します。
またウェビナーの最後には、下記の演習問題について詳しく解説します。

 
問:L1キャッシュとL2キャッシュの操作
L1キャッシュとL2キャッシュを持ったシステムでキャッシュ操作を行う場合、L1キャッシュとL2キャッシュのどちらから操作を行うべきか?


昨年公開時のアンケートでは、

  • 具体的でわかりやすかった
  • キャッシュ操作の復習ができた
  • なんとなく知っていたレベルのことが、ウェビナーを見て理解できた

など、大変ご好評をいただきました。
前回ご覧になれなかった、またはもう一度見たい、という方はぜひこの機会にご視聴ください。

公開期間 2/12(金)17:00まで
参加料 無料
対象者 Armv7-A, Armv8-A の開発を行うソフトウェアエンジニア
視聴所要時間 約40分
お申し込み https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_214.html

 



 

 
※本ウェビナーは2020年4月に公開した同タイトルのウェビナーと同じ内容です。
※本ウェビナーは実際のArmアーキテクチャトレーニング「実例Armv7-AおよびArmv8-Aソフトウェア開発テクニック」の内容から一部をピックアップしv7-Aおよびv8-A両用にアレンジしたものになります。あらかじめご了承ください。

マーケティング室 S.A