今年のeSOL Technology Forumは、エッジコンピューティングがテーマです。

2019/07/26 18:36:55

いよいよ、eSOL Technology Forum 2019の申込受付が始まりました。

今年のテーマは、「エッジコンピューティングが創り出すIoTの新たな世界」です。エッジコンピューティングが創り出すIoTの新たな世界

近年IoT において、またインダストリー4.0 を具現化していくにあたって注目されている「エッジコンピューティング」は、スマートデバイスのような情報端末を利用したシステムに加えて、MaaS/CaaSを実現するコネクテッドカーや自動運転車、さらにはスマートファクトリーを実現する産業用ロボットおよび自律制御機器にとっても、必要不可欠な技術要素であり非常に重要な考え方です。

特にリアルタイム性を必要とする分野においては、大量のデータをエッジ側で高速かつ効率的に、低消費電力で実現する技術が非常に重要になります。

この分野は、今後の日本の産業界において重要な分野のひとつであると位置付けられており、経済産業省では省エネルギーで高度かつ安全なエッジコンピューティングを実現するために必要な技術の開発を進め、AIチップによる革新的なエッジコンピューティング技術の開発を支援する事業も立ち上げています。

イーソルは、40年以上に及ぶ組込みシステム開発の知見やノウハウに加え、マルチ・メニーコアを最大限に活用した高速かつ高効率なシステムを構築可能とする先進的プラットフォームの研究開発を進めており、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発」にも採択されています。

本フォーラムのメインテーマである『エッジコンピューティングが創り出すIoTの新たな世界』では、エッジコンピューティングの重要性や動向に加え、日本における戦略ならびに各種取り組みを自動車分野、産業分野を例にとりながら最新情報をお届けします。

詳細およびお申し込みはこちらから↓

https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_178.html