eSOL Marketing Official Blog

オーバスが自動車機能安全規格ISO 26262 2nd Edition(ISO 26262:2018) のソフトウェア開発プロセス認証取得

2020/07/21 13:44:46

イーソルが販売代理店を務める株式会社オーバス(以下、オーバス)は、ECUに搭載されるAUTOSAR BSWベンダーとして、自動車機能安全規格 ISO 26262 2nd Edition(ISO 26262:2018)のソフトウェア開発プロセス認証を第三者承認機関である ドイツ SGS-TÜV Saar GmbHより取得しました。

詳細は下記よりご確認ください。
▶ 株式会社オーバス News Release

 
【オーバスについて】
オーバスは、日本基準の信頼の技術とサポート体制で、国際標準のAUTOSARベーシックソフトウェアを提供する企業です。車載電子システム開発全体の効率化と品質向上を支援し、安全で使い易い基盤ソフトウェアの提供を通じて、高度自動運転やコネクティッドカーなど進化が著しい、世界の自動車社会の発展に積極的に取り組んでいます。
 
オーバスは、AUTOSAR準拠のソフトウェアプラットフォーム「AUBIST」を提供しています。
イーソルは、株式会社オーバスのAUBIST製品/ソリューションについて、代理店契約を締結し販売を行っています。
 
 
* 記載された社名、団体名および製品名は商標または登録商標です。 

マーケティング室   Y.Y